イモビライザーの紛失にも対応する業者|精密な鍵にもカンペキ対応

Car Key

イモビライザーの効果

Remote Key

イモビライザーというのは、一種の防犯システムです。 イモビライザーのついた車でのみ使用可能となっており、専用のカギが必要となります。 このカギというのは特殊な構造になっていて、IDが内蔵されています。 このIDを車のコンピューターが正しいと認識して、初めてエンジンを始動できる状態となるのです。 そのためイモビライザーを使用するには、合カギでは不可能と言って良いでしょう。 従来のカギのように差し込み口の中の凹凸の形によって、正規のカギかを判断するわけではありませんので、合カギを作ることは難しくなります。 カギと車がIDによって合致することが必須条件となりますので、防犯性は従来のカギに比べて非常に高くなっているのです。

イモビライザーが人気となっている理由の最大の要因は、その防犯性の高さでしょう。 従来のカギとは違い合カギではエンジンを始動できないため、盗難などに合いにくいのです。 しかも不正にエンジンをかけようとすれば、大音量でアラームが鳴り響きます。 また、イモビライザーがついている車というのは、インジケーターランプが点灯、または点滅しています。 そのため車外からも、イモビライザーがついている車かどうかを認識することができます。 盗難や車上荒らしなどを狙っている場合には、そうしたところをチェックしていることが多いのです。 ですのでそのランプの点灯によって、事前に犯行を防ぐ効力もあるのです。 こうした防犯性の高さが、人気に繋がっています。