イモビライザーの紛失にも対応する業者|精密な鍵にもカンペキ対応

Car Key

後付で作れる

金額や価格の傾向について

Remote Key

内部のチップと鍵側に記録された暗号を紹介してエンジンの始動をするというイモビライザーですが、最近の車であれば大体標準で装備されています。 というのも欧州ではすでに義務化が始まっており、その規制に対応する必要があるので設計や生産の時点ですでに考えられているためです。 標準で付いていない物や過去に販売さてて付いていない車に対してイモビライザーを後付しようとすると、ディーラーで依頼するか車屋で依頼するかhで値段が変わりますが、ディーラーで純正品を取り付けるのであれば3万円から高くても7万前後となります。車屋などであれば、後付のイモビライザー本体と取り付け工賃で三万円程度から始まり、高級品であれば数十万と値段にかなりの開きがあります。

イモビライザーの歴史について

イモビライザーが開発されたのは、物理的な鍵では限界があるためです。一般的な鍵というのは内部の溝と鍵を合わせて起動させるシステムとなっているので、鍵側の複製を行えば第三者でも開ける事が出来ます。 その為複製が難しい鍵の開発が長年行われていくのですが一方で合鍵制作などの需要から複製技術も進歩していきます。 その為、結局物理的な物であれば難易度の問題はあれど複製する事は可能で、守る事が難しいと考えられるようになっていきました。 そしてちょうどそのころコンピューターの発達により電子的なロックというのが広まっており、車もその流れに飛び乗ります。その結果鍵の中に暗号を記録させて、第三者には複製が不可能なイモビライザーの開発となったわけです。 ただ、このイモビライザーもイモビカッターなどと呼ばれる器具で開錠が可能という事が判明しているため、今後も進歩を続ける必要があるとされています。